• HOME
  • ご相談の流れ

ご相談の流れ

まずは相談を

「弁護士に相談したいが,いくらかかるか不安だ」「法律のことなんて分からないから何から話したらいいかわからない」・・・弁護士を頼もうと思っても,このような不安を感じる方も多いと思います。

確かに一昔前までは,弁護士の料金はあいまいなことが多く,また,尊大に構えるような態度に問題のある弁護士もままいました。

しかし,最近はこのようなご心配は無用です。

初回の相談料は多くの弁護士の場合30分5,250円(税込み)で,およそ1時間もあれば何が問題であるかの見通しはつきます。経済的余裕のない方については法律扶助の手続も取れます。

また,最近では,良心的な弁護士であれば,ご相談者の方から必要なお話をしていただくために,話し方を工夫し,懇切に話を聞く態度を心得ています。

問題をそのまま放置するより,まずは相談をしてみること,これに尽きます。

ご相談からご依頼の流れ

1) ご紹介は不要,まずご連絡を

当事務所では,相談は予約制(※予約窓口へリンク)としておりますが,ご紹介は要りません。
ご依頼人と弁護士の関係は,高度の信頼関係を要しますので,確かにご紹介者の方がおられると弁護士も安心というところはあります。
しかし,弁護士がこのようにして敷居を高くして来たために,法律問題に悩む多くの方が相談すらできない状態に置かれてきました。
こうした状態を改めるため,当事務所ではご紹介は不要としています。
ただし,弁護士の時間も有限ですので,業務がたてこんでご希望に添えないこともあることはご了承下さい。そのような場合は,弁護士会の法律相談センターなど,ご相談先を
ご案内致します。

2) 弁護士が電話に出た場合には,概略をうかがいます。
  ここでは料金は取りません。

当事務所では,弁護士が事務所にいて電話を取ることができれば,どのようなご相談か簡単に聞くように努めています。
これは,どれほど緊急性のある案件かを判断するとともに,弁護士ではなく別の相談機関に相談したほうがよい場合などを判断するためです。
簡単にアドバイスして終わるような案件は,ここで解決してしまうこともあります。
よく「弁護士に電話して話をしたら,いくら取られるか分からない」と心配される方がおりますが,当事務所ではこの段階で料金を請求することはありません。安心してご相談下さい。
ただし,案件の解決までのアドバイスをするものではありません。また,時間の制約がありますことをご了承下さい(概ね5分から長くても10分程度です)。

3) 面接の相談を予約します。かかるのは相談料だけです。

ご相談は事務所にご来所いただき,対面してお話しするのが大原則です。
相談は予約制になっています。
相談料は30分5,250円(税込み)です。落ち着いてご相談をうかがうには1時間程度は費やす必要がありますので,ご予約は1時間単位でお受けしております。
なお,ご相談の結果,事件をお引き受けすることになった場合は,事件のために必要な相談ですので,相談料はいただきません。
相談日は平日の昼間をお願いしていますが,お仕事などの関係で夜間・休日をご希望の場合は,その旨仰って下さい。ご希望に添えるように努力します。
依頼をされてからも,打合せのたびに相談料が必要ではないかと思われる方がいらっしゃいますが,一般的にはそのような方式はとっていません。当事務所も,受任事件の処理に必要な相談について別途相談料をとることはしていません。
相談の予約は,このホームページの相談受付のメールフォームからご連絡いただくか,お電話下さい。
上にも書きましたが,弁護士が話をうかがって簡単な判断をする方が物事が早く進むことが多いので,まずはお電話いただく方がスムーズです。とはいえ,メールでのご連絡もきちんと対応いたします。
ご相談に際しては,事件に関連する資料をできるだけたくさんお持ち下さい。「これは要らないだろう」などと考えずに,なるべく多くの資料をお持ちになる方が,後になって「あれがあれば……」という無駄を防げます。

4) 相談の結果,料金を明らかにして契約します。

ご相談を受け,事件の処理の方針がある程度明らかになった場合は,どのような処理をお引き受けするかを明らかにし,当事務所の報酬基準に照らして料金をお示しします。
料金体系の詳細はこちらをご参照下さい。
ご納得いただいた上で受任の契約を致します。
なお,事件の性質上,最初の段階では処理の方針が定まらないケースもあります。
そのような場合は,法律関係や事実関係の調査の事件としてお引き受けし,法律的問題点や事実関係を調査分析するという形で業務をお受けすることもできます。この場合は,作業の程度により一定額の調査手数料で調査をお引き受けすることになります。
その調査結果をもとにご依頼人と弁護士で協議して,本格的な事件への対処方針を決め,正式な受任ということになります。

5) 依頼後も適宜打合せを行います。

事件処理のご依頼をいただいた後も,必要に応じて適宜打合せを行います。
法律的な紛争においては,前提の条件が変化することがままありますし,裁判など相手のある手続の場合は,「相手の出方」に応じての検討が常に必要になります。
このような打合せはご依頼の事件の処理に必要なものですので,相談料は一切かかりません。

6) 不明な点はご連絡下さい。できるかぎりご説明します。

弁護士に事件を依頼するというのは,ご依頼いただく方の側からは,大変な心配もあり,分からないことや不安が多々あろうかと思います。
しかし,そのような心配や不安はそのままにせず,何でも弁護士にお尋ね下さい。
できる限りのご説明を致します。
弁護士とご依頼人の関係は,信頼関係が基本です。信じられない人物に事件を任せるのも不安でしょうし,信じていただけない状態は弁護士にとっても苦痛です。
弁護士も一方的に自分を信頼せよとは申しません。ご不明な点は何でもお聞き下さい。

相談のご予約はこちらから
所属弁護士
弁護士 伊東 ■伊東大祐
プロフィール
  「キャンディ・キャンディ事件」を担当,著作権問題に興味があります。得意分野は,成年後見,遺言・相続等。債務整理では「真の生活・人生の再建」を目指します。